許認可@富山県

ビジネスにスピードを。富山県・石川県の許認可申請代行サービス

キャバクラ、レディースバー、ショーパブ等(風俗2号営業)の開業の手順について

お店のサービスの名称がどうあれ、接待を行う飲食店であれば、風俗営業の許可を取得してからでないと営業をすることはできません。

無許可営業は、営業停止のみならず、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金(又はその両方)に処せられることになりますので知らなかったでは済まされません。

行政書士は風俗営業許可取得のスペシャリストです。

最寄りの行政書士に相談されるのが許可取得の近道だと言えます。

営業許可取得までの一般的な手順についてご紹介します。

お問合せ、面談日の確定

お電話又はメールにて面談のご希望日をお伝えください。

面談予定日を確定し、お伝えします。

また「高岡まで行っとれんわ」ということでしたらこちらからお伺いいたします。その際は、高岡市、射水市、氷見市、小矢部市、砺波市、富山市中心部以外の場合は出張費3千円~5千円を頂戴いたします。

お店のある場所の確認

お店を営業する場所はどこでもいいわけではありません。

「用途地域場の制限」や「保護対象施設の有無」の許可要件をクリアできないとそもそも許可の申請すらできないことになります。

ですのでどんなに素晴らしい事業計画をお持ちであったり、居抜きの素敵な物件があったとしても、先走らずに、事前に警察や行政書士と相談の上で事を進めるようにしましょう。


打合せ、欠格要件の確認、正式なご依頼

実際に許可申請に問題がないと判断出来た時点で正式なご依頼となります。

また、経営者の方が「欠格要件」に該当していないかどうかの確認をさせて頂きます。

大丈夫であれば、まずは着手金として報酬額の半額と、必要な申請手数料をお支払い頂きます。

お店の賃貸借契約の締結、内装工事

場所の確認が済んでから正式な賃貸借契約や内装工事に取り掛かるようにしましょう。

弊所では信頼のおけるパートナーの不動産屋や内装工事業者のご紹介も可能です。

保険所への飲食店営業許可申請

風俗営業の申請の際に、保険所の許可証の添付を要求されますので、こちらのほうの準備を先に進める必要があります。

こちらのほうは風俗営業許可とは異なり、比較的簡単ですので、ご自身で申請されるもよし、ご依頼頂くもよしです。

店舗の実測調査

許可申請図面作成のためのお店の調査を致します。

具体的には、お店の中の構造、造作、設備の確認やこれらの計測の他、照明器具、音響設備等の確認、テーブルや椅子等の什器類の確認、ビルの場合は入居建物の調査等を行います。

必要提出書類の作成・収集

記載が必要な書類については弊所で、添付書類として提出が必要な書類については役割分担を決めた上で必要書類の作成・収集に取り掛かります。

提出が必要とされている書類には以下のようなものがあります。

【作成が必要な申請書類】

  • 許可申請書
  • 構造及び設備の概要
  • 営業の方法
  • 100メートルの略図
  • 営業所平面図
  • 求積図
  • 照明配置図
  • 各階の用途
【収集が必要な添付書類】
  • 使用承諾書(賃貸借契約書の写し又は使用許諾書等)
  • 住民票 ※
  • 誓約書 ※
  • 市町村の身分証明書 ※
  • 法務局の登記されていないことの証明書 ※
  • 定款及び登記事項証明書(法人の場合)
  • メニュー表
  • 料金表
  • 保険所の営業許可証
  • 風俗営業許可証(既に他で許可を受けている場合)
  • 顔写真縦3cm、横2.4cmのカラーを2枚
  • 用途地域証明
※法人の場合は役員全員分につき必要となります

許可の申請

名目上の許可の申請と実質上の許可の申請との2つがあります。

名目上の許可の申請とは、弊所のほうで実際に担当官に書類のチェックをしてもらい、実際の申請日に合わせて書類上の不備がないかどうかを確認して頂くためのものです。

実質上の許可申請とは、書類を受理してもらうためのものですが、ご本人にもご同行頂き、担当官との面接に挑んで頂きます。

風俗営業の許可は、申請者本人に対して与えられるものですから、担当官との面談があります。

なお、書面提出後の審査に要する標準処理期間は55日以内で実情に応じた期間と定められています。

実査

許可申請日から2週間前後で管轄警察署の担当官による店舗の調査があります。

この調査時には、許可申請時と同様に本人面談があります。

本人面談の際に、許可がおりた後の営業開始にあたっての注意事項の話があります。

この立会検査時に営業所内の不備が指摘された場合には立会検査が途中で終了し、再度の調査となることもありますが、特に何も指摘がなければあとは許可がおりるのを待つだけとなります。

許可証の交付

ここまで来るのには申請から約2か月を要します。

許可がおりた旨の連絡が入りますので、この時点から営業を開始してもよいことになります。

その他のコンテンツを読む


ページトップ

Copyright © 2010 行政書士篠原たかゆき事務所 All Rights Reserved.